FC2ブログ

04

30

コメント

絶対、国公立大学医学部に合格したい!

ikuha.com


 今年も4ヵ月終わり、皆、気合が入ってきた。今年受かりたいので必死に勉強している。絶対、国公立大学医学部に合格したいという塾生がいる。医者になるのが一番の目的なので、合格できる大学を探している。

 赤本を北海道から九州まで、くまなく医学部の英語の問題を見て、一番適している大学を助言した。医学部の英語問題といってもいろいろある。全然出題形式が違うことににあらためて気がついた。

 医者になれるなら、全国どこでも行く気なら、GWに1日かけて2次試験問題を全部検討してみて、数校に絞って対策をたててみるのもよい。




生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



04

30

コメント

土曜日21時からセンター英語 (筆記) ・英検対策をはじめています!

ikuha.com


 4月から土曜日21時からセンター英語 (筆記) ・英検対策をはじめています。スカイプのグループ通話で全国一斉に塾生が80分の過去問を制限時間60分で解くのです。

 模試で6番の問題の途中で時間切れになった塾生がいます。平均点120点前後をとっている受験生は、問題を最後まで解くことができず、当てずっぽうにマークして点数しています。こんな状態なら、自ずと高得点は望めません。

 この対策をはじめた当時、制限時間をせめて70分にしてくれませんかと塾生から言われたことがありました。模擬試験よりも悪い点数になって、自信を失ってしまうからというものでしたが、効果が出ないという理由でこの対策を続けました。

 制限時間を70分にしてくださいと言った塾生の結果は190点(筆記)。満面の笑みを浮かべて、この指導を受けてよかったと言ってくれたのです。




生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

29

コメント

アリストテレスが残した「受験に勝つヒントとは!」

ikuha.com


 「『自分の壁』を破るいちばん簡単な方法」を読んだ。 無駄なく、無理なく、最短で自分を変える最上の方法は日常の習慣を少し変えるだけで、成果は何倍にもなり、それを積み重ねることで人生はさらに好転していくとあった。

 たとえばニューヨークからロサンゼルスへ向かう飛行機の方角が1度ずれていたら、飛行機はロサンゼルスではなくメキシコへ行くことになる。「たった1度」でも目的地とはかけ離れたほうへ向かってしまう。

 実は人生でもこれと同じことが起こっていると著者のスーザン&ラリー・ターケル氏は説く。

 あなたの人生は、たぶん自分で思うほど悪くもなく混乱もしていない。そこでほんの少しだけ習慣を変え、継続していけばとんでもない成果をもたらすというのだ。

 アリストテレスもまたこんな助言を残している。「人間は習慣の動物である。優秀さとは、ひとつの行為ではなく習慣のことをいう。」

 これは勉強にも使える法則だと思う。たとえば苦手な科目の勉強はなかなか進まない。無理なく自然に身につくように考えてみよう。英語のリスニングはなかなか手が回らず後回しになっているのではないか。毎朝10分程度問題を解いて音読を習慣にする妙案が浮かんだ。





生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

28

コメント

一流になるには!

ikuha.com



 『一流になるには』の記事を読んだ。「どの世界であれ、一流になるには自分で自分を制御できなければいけない。上にいくには何が大事か、そのために何を我慢し、何をすべきか。そこにいち早く気づいた者は出世も早い」。

 なかなか苦手科目の成績が上がらない塾生の相談を受けたので、これを受験勉強にあてはめて考えてみました。

 これから本格的な勉強時期に入ります。今まで各科目の勉強時間に対する効果を考えず勉強していた人は、成績アップにつなげるために各科目・分野の取捨選択を徹底して行い、入試の総合得点アップにつなげる勉強計画を考えていけば、合格に近づくということになる。

わかりやすくいうと好きな科目は自ずと勉強を進めますが、なかなか苦手科目は自分から勉強しません。これは入試の致命傷になるので時間配分を考えて勉強しましょう。入試は総合点で合格が決まります。苦手科目でも合格平均点近く得点できなければ合格できません。では、GW前に自分の勉強計画をちょっと修正してみてください。




生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

28

コメント

そろそろ勉強をはじめなくてはいけないんですが(ノ△・。)

ikuha.com



 勉強はじめたての頃って、なかなか勉強が軌道に乗らないね。机にかじりついてはいても、内容に中身がなく、時間だけがたんたんと過ぎていくだけで、勉強がはかどらない。これは誰でも経験すること。

 この状態を乗り切って、2、3時間平気で机につくことができたら、第一段階突破。それから中身のともなった勉強ができるようになる。

 4月の末まで、本格的に自分で机について勉強していないんだから、修業だと思って、まず机について本を開くことからはじめることだ。やる気になれば、すぐにみんなに追いつける!


生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

27

コメント

ご父兄の方からの進路相談が増えています

ikuha.com



 最近、入塾前のご父兄の方からの進路相談が増えています。全国どこからでも無料で話せるスカイプで対応しています。(お問い合わせより、ご希望の日時をメールしてください。追ってメールを差し上げています。スカイプをまだ使っていない方は固定電話番号をメールしてください。こちらから電話させていただきます。)

 進路相談の一番の悩みは相談できる相手がいないことです。三者面談などで担任の先生とお話合いは行われているようですが、大学の受験校、予備校(個別・集団)などの決定がなかなかできないとおっしゃるのです。

 なかなか解決できないお悩み事項をまとめてください。30分間(無料)ほどで、お子様に合わせた成績の上げ方、勉強の仕方、受験校の過去問からアドバイスなどの解決策をお話ししています。お子様も一緒の三者面談ですと進路が明確になってくると思います。では、よろしくお願いします。


生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

27

コメント

昔ペンパル、今スカイプ!

ikuha.com


 高校時代にThe Student Timesのペンパル欄で知り合った西ドイツの女の子と2年間ほど文通した。英文は主に英日対訳文例集だった。2年も続けると文例集の文は全部暗記できた。今思えば、内容は例文のお堅い話ばかりになっていたのによく続いていたものだ。
 
 先日、スイスにいる女性とスカイプで話をした。直接会ったことはない、SNSで知り合った人だ。Webカメラをつけたというのでこちらのアドレスを教えていたら、コンタクトがあった。スカイプはWebカメラをUSBで繋げば容易にセットできる。

 スイスのチューリッヒだったが、日本国内と同じで画像、音声とも良かった。距離が離れているので、ちょっと、間に気をつければ、十二分に会話可能だった。このテレビ電話が無料というのに彼女は驚いていた。
 
 テレビで日本のビジネスマンがスカイプで中国にいる中国人から中国語を学ぶのを見た。時代は変わった。SNSなどで知り合ったネイティブとエクスチェンジで言語を教え合う時代が来たのである。



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

26

コメント

挑戦すれば成功する可能性はゼロではない。しかし挑戦しなければそれはゼロなのだ!

ikuha.com



同志社大・文学部 合格 
 
 自分は入塾する以前はどのように英語を勉強してよいか、ほとんどわからなかった。英語を学習する際には、やはり代表的な構文を体系的に学ぶほうがよい。その点においては、「生葉塾」でのテキストがピッタリであった。そのテキストの解説を塾でしっかりと受けて、時々復習したことが成績を伸ばすきっかけとなったと思っている。


同志社大・経済学部 合格  

 振り返って言えることは、やればできる、やらなければできないという至極月並みなことです。しかしこれ以上、現実を突いた言葉はないと思います。模試の結果に振り回されず、「挑戦すれば成功する可能性はゼロではない。しかし挑戦しなければそれはゼロなのだ」と自分に言い聞かせて最後まで諦めなかったのがよい結果を生んだといえるでしょう。諦めればその時点で既に負けです。若者らしく初志貫徹の心意気が一番です。





生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

25

コメント

合格とはこういうことだと気づくことだ!

ikuha.com


 ちょっと勉強したら、テストで80点取れて、満足している人がいる。こういう人って、天才肌なんだけど、受験には向かない。最後のところで、合格に及ばない。
 
 受験で合格できるタイプの人は、テキストを1回やって60%。2回目70%。3回目80%。4回目85%。5回目90%と何度も繰り返し、復習して点数を上げることができる人である。
 
 天才肌の人は、このことがなかなか理解できていない。たとえば、大リーガーのイチローがあれだけ活躍しているのに、試合が終わってなぜバットの素振りをしているのかわからないのである。これだと合格の勉強が何たるかわからずに終わってしまう。
 
 含蓄のある言葉で終わりますが、よ~く考えて受験勉強を考えてほしい。





生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



04

24

コメント

進学校、取りつく島もなく私は入学早々授業に置いてけぼりにされてしまった

ikuha.com


 草木も萌ゆる皐月の候、晴れて私は第一志望の高校に合格、入学したのであった。しかしさすがは進学校、取りつく島もなく私は入学早々授業に置いてけぼりにされてしまった。とりわけ問題だったのが英語二科目―すなわちリーディングとライティングであった。まさに「何が分からないのかも分からない」状態だったのだ。さて、どうしたものか。

 私はまず予備校に通うことを考えた。しかし、帰りが遅くなる上、親への負担が大きかったためにそれはすぐお釈迦になった。そんなとき、暗中模索する私の目に「skype個人授業」の文字が映った。外出の必要が無く、何より安価でハイレヴェルな英語の授業が受けられるとはなんとも魅力的ではないか。

 かくして私はこの生葉塾の扉を叩いたのであった。さて、私はなぜそれまで全く英語が出来なかったのだろうか?理由は至極単純明快、基礎の理解が乏しかったのである。当時まだSVOCも文型も知らなかった私に英文読解など出来るはずもなかったのだ。

 塾では文の構造から徹底して学び、ほんの短い文でも主語や動詞の位置をしっかり考えるようになった。週に一時間という少ない授業頻度だったが、英語の学力はしっかりと伸びて行っているのが分かった。模試の英語の偏差値はうなぎ上りし、遂には最も得意な教科になった。

 そして三年生になった時、私は東北大と筑波大を志望した。どちらも私の専攻したいロボット工学に力を注いでいたからだ。そして、筑波大は推薦、東北大はAO試験を受けることが出来、チャンスも多かった。最も早かったのは筑波大推薦入試だった。

 推薦試験の問題は英語・数学・物理の三科目をほんの90分で解くというもので、配点も等しかった。これが私にとって都合がよかったのか、なんとこれに合格してしまった。やはり合格に漕ぎ着けたのも、当塾のお陰である。長くなってしまったが、以上が私の合格体験記である。当塾で英語を学べたことに、深く感謝している。





生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



プロフィール

生葉塾

Author:生葉塾
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad