FC2ブログ

12

31

コメント

受験生はお正月気分に浸っている暇はありません

ikuha.com


 センター試験まで2週間あまりとなりました。受験生はお正月気分に浸っている暇はありません。一気にラストスパートをかけねばなりません。まずはセンター試験当日の起床時間にする。就寝時間も体調に合わせて決めて実行するといいですね。

 地理歴史、公民、理科は追い込みで得点が十分期待できる科目です。2回まわすぐらい徹底してやったほうがよい。1回目はサブノート、テキストをひととおり読み流し、忘れているところをチェック。必ずもう一度出来るように印などをつけておく。2回目はここだけを重点的にやる。

 ラストスパートの主要科目、国・数・英と地理歴史、公民、理科の勉強割合は3対7、もしくはそれ以上に後者に当てた方がよい結果がでている。各自総合得点を考えて勉強を進めてください。



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



12

30

コメント

マイブームから考えた効果的な勉強法とは!

ikuha.com


 最近マイブームという言葉が聞かれなくなったと思いながらブログ検索していたら随分使っている方はまだいますね。タイトルにするのに死語はまずいと思いましたのでほっとしました。

 そこで私のマイブームは水泳です。週に2回ほど通っています。30分ほどで1キロ泳ぎます。8年前にはじめたころは、300mも泳げなかった。続けていれば、慣れて段々距離が延びていくものですね。水泳は全身運動ですので、血のめぐりがよくなってすこぶる快調です。

 受験生を専門に扱う本郷赤門前クリニック院長、吉田たかよし氏の勉強法のビデオを拝見。その中で3食を机に上げ膳、据え膳してもらって食事をとり、毎日14時間くらいの受験勉強をして体を全く動かさずにいたので、(ビデオの中では体を動かさないので地蔵様と言っていましたが、)あえなくも大学不合格となったという実例が語られていました。体を動かさないと血のめぐりがないので脳が働かない、集中力が続かないということだそうですね。
 
 適度な運動は受験勉強にとても効果的ということになりますね。勉強の合間にストレッチなどの運動をやるのもいいと思いますよ。



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

30

コメント

受験生が「落ちるかも」とか、「落ちたら」と言ったら

ikuha.com



 やるだけやったと思ってみても受験には「不安」がつきまとう。寝つけないようでは、試験の本番にも影響する。

 最近、中村天風著「成功の実現」をまた読みだした。ご存じない方もいるかもしれないが、中村天風氏とは、すでにお亡くなりなっているが、死病を治すために欧米やインドを放浪。日本人で初のヨガ直伝者であり、戦後より「心身統一法」を説き、心身共に幸福で積極的な活き方を提案している有名な方である。私は天風氏の本をほぼ全部読んで実践してみて、納得することが多く心酔している。

 天風氏の命令暗示法を受験生にあてはめてみると、夜寝る前に鏡に向かい真剣な気持ちで「合格する!!」とつぶやくとよいということになる。

 受験生が「落ちるかも」とか、「落ちたら」は絶対に使ってはならない禁句である。天風氏も言葉は一度発せられたら、肯定する力があると説いている。この暗示法は気がちょっと落ち込んでいたら試してみる価値がある。

生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

29

コメント

入試に合格するするための近道とは!

ikuha.com


 カズこと三浦和良選手の練習を元同僚の武田氏がテレビ取材していた。武田氏によればカズの練習は20年前と全く変わっていないそうだ。カズはプロサッカー選手、最年長の47歳。今も昔と変わらない基本練習を続けている。

 これは英語の勉強にも同じことが言える。成績を短期に上げたい気持ちはわかるが、基本を忘れて難問に挑戦してみても成績は伸びない。部活で何度も基本練習をやらされている人はこの重要性が体に染みついているが、帰宅部の人には経験がないので、なかなか理解してもらえず苦労する。

 たとえば自分が取り組んでいる文法・語法問題集をまず3回まわす。これで80%解けるようになったら、あと2,3回まわして95%以上解けるようになった方が入試では強い。塾生で各模擬テストの偏差値70以上の成績を上げている者は最低10回以上やっているのである。たぶん10回目は1回目の十分の一程度の時間で終わる。まず基本を徹底的におこなうことが入試では近道なのだ。



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

29

コメント

挑戦すれば成功する可能性はゼロではない。しかし挑戦しなければそれはゼロなのだ!

ikuha.com



同志社大・文学部 合格 
 
 自分は入塾する以前はどのように英語を勉強してよいか、ほとんどわからなかった。英語を学習する際には、やはり代表的な構文を体系的に学ぶほうがよい。その点においては、「生葉塾」でのテキストがピッタリであった。そのテキストの解説を塾でしっかりと受けて、時々復習したことが成績を伸ばすきっかけとなったと思っている。

同志社大・経済学部 合格  

 振り返って言えることは、やればできる、やらなければできないという至極月並みなことです。しかしこれ以上、現実を突いた言葉はないと思います。模試の結果に振り回されず、「挑戦すれば成功する可能性はゼロではない。しかし挑戦しなければそれはゼロなのだ」と自分に言い聞かせて最後まで諦めなかったのがよい結果を生んだといえるでしょう。諦めればその時点で既に負けです。若者らしく初志貫徹の心意気が一番です。


生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

28

コメント

中国の留学生は今日も頑張っている!

ikuha.com



 コンビニでいつもニッコリ挨拶してくれる中国の青年と駅のホームでばったり会った。15分ほど行き先が同じで電車で座って話すことができた。

 彼は中国吉林省出身の23歳。昨年10月に日本に来て1年2カ月。流暢な日本語を話す。1年半前に北京の大学の貿易学科を卒業。3ヶ月後に日本の大学への入学を目指している。大学卒業をすれば、香港の広東語もできるので、香港に就職したいと言った。昼間は日本語学校、夜はバイトの日々で忙しい毎日を送っているようである。

 GDP2位の地位を中国に明け渡した日本。巷間言われている日本の若者評は、外国離れで外国に行きたがるものが減ったことだ。右肩上がりの国と右肩下がりの国ではこうも若者の意識が違うのか。

 大学受験も人生も何でも明るく前向きに考えられる人が勝つと思っているが、日本の前途はいかに?



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

28

コメント

この1週間の過ごし方が合否を決める。受験生の大晦日、元日の過ごし方!

ikuha.com



 一年のうちで街がもっとも華やいだ時期に、ひとり静かに机に向かい勉強するのは骨が折れる。ここが我慢のしどころだ。翌年の受験が出来ないならば、今年はテレビを見るのを諦めてやるしかない。

 毎年行っている新年カウントダウンや初詣も長時間寒い所で長居して体調を崩すことにならないように!受験生はいつもの時間に起きてたんたんと過ごすのがよい。



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

27

コメント

センター英語(筆記)200点、リスニング46点、!

ikuha.com


 高2のころ、英文解釈教室を制覇しようとしてなかなか進まず、ネットで探している時みつけたのが生葉塾でした。

 生葉塾の第一の利点は、先生のお人柄で、いろいろな言葉に癒されました。第二の利点として、ペースメーカーになることです。やる気が起きない時も一定の進度で進んでくれるので、否が応でも進みます。第三の利点として、参考書を自由に選べることです。

 結局私は、高3になって数学、理科を中心に対策を進め、英語はこの塾で多読を中心に勉強しました。先生と相談し、英語総合問題演習 上級篇、英文和訳演習 (上級篇)、英文要旨要約問題の解法、九大の英語(赤本)などをひととおりこなし、直前期には英文解釈教室の4回目を見直しました。

 結局、センター200点、リスニング46点、二次は自己採点で80%を超え、合格への安定した得点源となってくれました。本当にありがとうございました。心より感謝しております。


生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

27

コメント

高2年生対象の三者面談をはじめています

ikuha.com


 今週から高2年生対象の三者面談をはじめています。 時の経つのは早いもので、今年もそろそろ終わります。受験勉強は高校2年生のこの時期からはじまっているのです。

 冬休みのこの時期に三者面談を実施する理由は、志望校の親と子の一致のお願いをして、合格戦略を早目に立てるためです。大学の学部・学科で傾向が全然違います。早目に志望校を決めることで合格率が上がってきます。

 面談をしてみると、なかなか親と子の志望校が一致しないことが多い。願書を出す段になって、志望校が変わってしまって、科目の変更を余儀なくされたケースがあります。親はとにかく有名大学に合格してくれればと思いがちですが、子は学部・学科への「こだわり」があったり、クラブ活動の延長で大学を決めていたりします。

 親子で進路のことを真剣に考えて、話し合いがあれば、すんなり決まっているでしょうが、実際は話し合いが全然行われていない。子の「こだわり」は、なかなか親、高校の担任に理解してもらえないので、話をしていないケースが多い。そこで内申書に響かない、威厳もない塾の先生の登場となるわけです。

 私は、子、本人のやりたいことをやらせることをモットーにしています。18歳となれば自分で判断できるわけですから、子の「こだわり」の真意を十分に理解して、ベストの志望校選定に努力したいと思っています。


生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

12

26

コメント

SVOCも文型も知らなかった私に英文読解など出来るはずもなかったのだ

ikuha.com


 草木も萌ゆる皐月の候、晴れて私は第一志望の高校に合格、入学したのであった。しかしさすがは進学校、取りつく島もなく私は入学早々授業に置いてけぼりにされてしまった。とりわけ問題だったのが英語二科目―すなわちリーディングとライティングであった。まさに「何が分からないのかも分からない」状態だったのだ。さて、どうしたものか。

 私はまず予備校に通うことを考えた。しかし、帰りが遅くなる上、親への負担が大きかったためにそれはすぐお釈迦になった。そんなとき、暗中模索する私の目に「skype個人授業」の文字が映った。外出の必要が無く、何より安価でハイレヴェルな英語の授業が受けられるとはなんとも魅力的ではないか。

 かくして私はこの生葉塾の扉を叩いたのであった。さて、私はなぜそれまで全く英語が出来なかったのだろうか?理由は至極単純明快、基礎の理解が乏しかったのである。当時まだSVOCも文型も知らなかった私に英文読解など出来るはずもなかったのだ。

 塾では文の構造から徹底して学び、ほんの短い文でも主語や動詞の位置をしっかり考えるようになった。週に一時間という少ない授業頻度だったが、英語の学力はしっかりと伸びて行っているのが分かった。模試の英語の偏差値はうなぎ上りし、遂には最も得意な教科になった。

 そして三年生になった時、私は東北大と筑波大を志望した。どちらも私の専攻したいロボット工学に力を注いでいたからだ。そして、筑波大は推薦、東北大はAO試験を受けることが出来、チャンスも多かった。最も早かったのは筑波大推薦入試だった。

 推薦試験の問題は英語・数学・物理の三科目をほんの90分で解くというもので、配点も等しかった。これが私にとって都合がよかったのか、なんとこれに合格してしまった。やはり合格に漕ぎ着けたのも、当塾のお陰である。長くなってしまったが、以上が私の合格体験記である。当塾で英語を学べたことに、深く感謝している。



生葉塾 ビデオ講義配信中 http://ikuha.com

生葉塾 携帯  http://ikuha.com/keitai

▲▽無料講義・只今実施中・お問い合わせ▽▲



医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村


プロフィール

生葉塾

Author:生葉塾
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad